trippiece【公認】登山チームの活動ルールについて


基本的にはノールールの自由なコミュニティを作りたいと考えております。
あった方がコミュニティが快適になる最低限のルールについては以下に記載しておきますのでご確認をお願い致します。

●メンバー規約
・装備はみんなのもの、おざなりな使い方はしません。
・共に山に入る人は仲間。 弱い人を最優先にし、助け合って登ります。下ります。
・自然に、人に、この世界に、常に謙虚な気持ちで接します。
・自立した登山者を目指して、山の知識、経験を、無理せず自分のペースで積んでいきます。
・経験豊富な先輩やリーダーの言うことにはきちんと耳を傾け行動の指針とします。
・山の中では仲間の目を気にして、無理したり、かっこつけたり、 かわいこぶったりしません。ありのままの自分をさらけ出します。
・怖い時は怖い。寒い時は寒い。暑い時は暑い。休みたい時は休みたい。 お腹すいた時はお腹すいた。喉が乾いた時は喉が乾いたと素直に言います。
・山は美しく危険な所。山に入る時は自分の責任で、自分の身は自分で守る覚悟で入ります。 何かあっても会のメンバーを法的に訴えません。自分の家族にも訴えさせません。
・このチームで得た個人情報の悪用はしません。

●メンバー同士で行く自主企画山行について
■お約束(絶対守ってほしいこと)
一、リーダーを決める。
一、リーダーは登山チームの公式/自主企画に2~3度参加したことのある人がやる。
一、全員揃って下山する。
一、無理しない。させない。
一、道に迷ったら戻る。(尾根に戻る。沢に下らない)
一、メンバー全員の経験/体力/装備にあった余裕のある山/コース/天気/季節を選ぶ。
(※リーダーが余裕を持って登れるコースを選ぶこと。リーダーがギリギリは☓。)

■登山の教科書的には必須事項
一、登山計画書をきちんと書いて事前にみんなや家族に共有。
一、登山地図/コンパス/ヘッドランプ/登山用雨具は必携。
一、悪天候やメンバー内で一人でも体調不良の人が出た等、アクシデント時は勇気を持って登山口に戻ろう。
一、山での遭難障害にも対応している保険に入ろう。

●相乗りルールについて
◯会計について
相乗りの際の割勘基本計算式は以下とします。
・ 相乗り1人あたりの金額(車提供者含む)  =(ガソリン代+高速代+メンテナンス代)÷人数

◯運転について
・運転する人は1時間半運転したら休憩を取ること。
・運転者があくびをはじめたら、同乗者は休憩を勧めること。
・できれば交代で運転すること。

◯保険について
・運転する人はドライバー保険に入っておくこと。
・提供する車は誰が運転した場合に保険適用になるか確認すること。

例) A~Dの条件の場合
A:走行距離100km(往復)
B:燃費10km
C:高速代1500円
D:ガソリン価格 120円

E:ガソリン代=A(100)÷B(10)×D(120)=1,200円
F:メンテナンス代=A(100)×10=1,000円
G:相乗り人数:4人(車提供者含む)

相乗り一人あたりの割り勘金額 {E(1200)+ C(1500) + F(1000)}÷G(4)=925円

車を出した人が、高速代、ガソリン代は前払いし、 相乗りした残り3人が925円を下車時に車提供者に支払って精算完了。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です