sacchan のすべての投稿

【ヒルとお友達?!】五感全開沢登り!


 

レポート係に任命していただき誠にありがとうございます٩( ‘ω’ )و

 

4期から参加のサチコです、どうぞよろしくお願い致します。

 

この夏やりたかったこと!初めての沢登りを体験してきました。

 

【日程】2017年9月10日(日)

【場所】神奈川県秦野市/丹沢

【ルート】渋沢駅▶︎戸沢キャンプ場▶︎源次郎沢入渓▶︎花立小屋▶︎天神尾根道分岐▶︎戸沢

 

【メンバー】岳隊長、ちほさん、ゆめさん、さとしさん、つるさん、哲さん、ともさん

特別サポーターにアイアンマンのこまみのさん

 

この日の秦野市のお天気は晴れのち曇り、気温は29度。

水遊びにはサイコーのお天気。

集合は渋沢駅。(前日参加のJimmyさん、チャーリーさんはここでお別れ&お疲れ様でしたm(__)m)

 

岳さんカーに乗り込んで戸沢までのデコボコの林道を進みます。

 

※BGMはインディ・ジョーンズのレイダース・マーチです♫

キャンプ場に到着。ここで安全のための身支度、ハーネス・沢靴・沢用手袋・ヘルメットを装着します。

 

沢靴って何ぞや?

底がフェルトの様な素材で滑りにくく、中は足袋の様になっており裸足で履けちゃいます。

コレで濡れた岩の上でも踏ん張れます。

 

ドキドキしながら、いざ入渓したものの沢の入り口が分かりづらくちょっと行き過ぎたり

 

名もなき山?を軽く登山して良い感じにウォームアップすることができました٩( ‘ω’ )و

 

そんなこんなで、沢に到着。

 

流れに逆らって上流を目指します。

水が冷た〜い☆

丹沢ってカラカラのイメージだったのでこんなにも瑞々しい場所があるなんてびっくりです!

マイナスイオンに癒されます。

そしていよいよ滝登りの始まり

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

源次郎沢にはF1〜F10まで10つのバリエーションの滝が続きまして、だんだんと傾斜も大きくなってきます•••

 

最初の滝

渓流のせせらぎを感じながら苔の岩をよじり登る、

これぞ五感全開!

 

(五感の『味』って何だろう、泥水の味?)

ヒルさんがいっぱい!

巨大ガエル&巨大ミミズも目撃!

動くと暑いけど、立ち止まってると寒いくらい。

徐々にレベルアップ

 

後半戦FIGHT٩( ‘ω’ )و

こんな滝も登場。

ロープを張って、安全確保しつつ直登します。

カッコイイ〜

危険な場所は水を避けて高巻き。

こんな恐ろしい絶壁を前に

みんなの笑顔はとっても輝いていたので

記録しておきます。

子供みたい、すごく楽しそう☆

 

私は•••

堂々たる巻道です!

ここもすごく怖くて、恐怖で足が震えました

上流の方は枯れ滝でした\(^^)/

 

F10までの滝が終わり

浮石だらけの登山道をしばらく歩くと、

大倉尾根の花立山荘付近に到着です。

 

そそくさと沢靴から登山靴に履き替えて、休憩を取って下山開始。

苦手なバカ尾根の木道が妙に愛おしく感じてしまいました。

 

こんな素敵な展望も\(^^)/

時間は既に夕暮れ時に差し掛かり、ヘッドライトを点灯させて暗い山道をひたすら下山し、ようやく戸沢に到着。

 

全員無事です(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

滝の涙です。

 

参加の皆さま、本当に疲れ様でした。

この場をお借りし、お礼申し上げます。みんなの為に重たいロープを背負って、危険な時はロープを張って安全のためのご指示を下さった岳さん・こまみのさん

足元の危険な中、防水カメラでたくさんの思い出を撮影してくれたメンバーさん

本当にありがとうございました。

 

一生の思い出です。

この夏やりたかったこと!沢登りはとってもスリル満点だけど、知識あるサポーターさんなしではできない優しさ溢れる大人の遊びでした。

 

最後にタイトルのヒルさんとお友達になれたかどうか?なのですが

沢靴によじよじ登ってきただけ、全く無傷でさようなら。

アラフォー女子の生き血はノーサンキューの様です。

 

メンバーの男気たっぷりともさんが(ヒルさんに好かれすぎて)キャーキャー悲鳴を上げてて可愛かったです。

 

以上、沢登りのレポートでした!

 

完!

※トリッピース登山チームの詳細はこちらから。